2021/5/3

高輪の隠れたOFFスポットをブラリ散策『柘榴(ざくろ)坂』を登ってみた!


品川駅高輪口の西側に上る道が柘榴坂。緩やかな上り坂は散策のスタートにピッタリ。




まずは、ウィング高輪の西側から柘榴坂をのんびりと上ります。江戸時代は道の両側に広大な武家屋敷が並んでいたそうですが、今はウィング高輪内のオーバカナル京急EXホテル高輪品川東武ホテルグランドプリンスホテル新高輪などのホテルが建ち並びます。




春は街路樹の緑も光り気持ちが良いです。地下にカフェも併設しているモンベル品川店を横目に10分ほどで坂を上りきって左へ少し歩くと「物流博物館」が見えてきます。


江戸から昭和までの物流のあゆみ、現在の運送や運搬に関する情報が映像やジオラマ模型などで紹介されています。ジオラマ模型は、物流を支える車の模型が動き回り、お子様も楽しめるコーナーです。そして入館料大人100円のリーズナブルさも魅力!




物流博物館を通り過ぎ路地を下ると「だしの自動販売機」を発見。愛知県の七福醸造と福岡県の二反田醤油本店の2社の出汁が買えるようです。通り過ぎる方もなんだろう?と気になる様子。


高輪を200%楽しむ為に「渾身の白だし-鰹だし」を購入、卵かけご飯を実食しました!鰹の香りがふわっとたつ出汁をさっとひと回し。卵とよく混ぜた逸品にご飯が進みます。様々な料理に深みを持たせてくれそうです。


自動販売機を通りすぎ、御殿山方面へ少し歩くと「高輪プリンセスガルテン」という案内が見えてきます。進んでいくと、ヨーロッパ風の建物が並ぶ一画が見えてきました。都会の喧騒も忘れる緑と、知る人ぞ知る雰囲気。趣きがありとても素敵です。


写真映えしそうな外観を撮影していると、品のある紳士が登場。偶然いらっしゃったオーナーさんにお会いする事が出来ました!

ドラマの撮影も多いそうで、お話し中もドラマスタッフさんが打ち合わせに訪れていました。コンサートホールとレストランを併設したプリンセスガルテンは、現在どちらも営業していませんが、レストランは9月にリニューアルオープン予定。‘高輪の隠れスポットだから、この落ち着いた雰囲気を楽しんでほしいね’と話すオーナーさんの笑顔が印象的でした。レストランが開く秋にもう一度訪れたいスポットです。

ウィング高輪にお出かけした日は、街に足を延ばして元気をチャージしてみてください!



LOCATION——————————
物流博物館
■住所    
〒108-0074 東京都港区高輪4-7-15
■営業時間
最新の情報はHPをご覧ください
■URL    
http://www.lmuse.or.jp/

高輪プリンセスガルテン
■住所    
〒108-0074 東京都港区高輪4-24-40
■連絡先
03-3443-1521
■URL    
http://www.p-garten.co.jp/sp/